水道管・水道メーターの凍結防止方法

冬は凍結から水道管を守りましょう

気温がマイナス4℃以下になると、水道管が凍り、破裂することがあります。
屋外では、特に次のような水道管は凍りやすいので、早めに凍結防止の準備をお願いします。

  • むき出しになっている水道管
  • 家の北側などで、日の当たらない場所の水道管
  • 風当たりの強い場所の水道管

水道管の凍結防止方法

  • むき出しになっている水道管や蛇口に、保温材・古い毛布・布きれなどを巻き付け、その上からビニールテープなどを巻いて凍結を防止してください。
     
  • 屋内では、夜間、水が糸を引く程度に蛇口を開けておくと効果的です。(給湯器をお使いの場合は、給湯器のスイッチを切ってから、お湯の蛇口を同様に開けて下さい。)

水道メーターの凍結防止方法

 不要となった布類や発砲スチロール片などを濡れないようにビニール袋につめて、水道メーターの周りにしきつめて下さい。その際は、水道メーターが検針できるようにして下さい。

  • メーターボックス内の対策meterboxnaitaisaku

 

  • ​露出しているメーターの対策(集合住宅等のパイプシャフト内)rosyututaisaku
  • 水道メーターも水道管と同じく給水装置の一部で、お客さまの管理となりますのでご注意下さい。

ガス給湯器の凍結防止方法

こちらをご覧ください

水道管が凍結した場合は

自然に溶けるのを待つことが一番良い方法ですが、早く解消したい場合は下記の方法をお試しください。

illust04

  • 凍ってしまった部分にタオルや布などをかぶせて、その上からゆっくりと「ぬるま湯」をかける。
     
  • カイロをあてる。
     
  • コンセントが近くにあれば、ドライヤーで温風をあてる。
  • なお、蛇口を開けてもすぐに水が出ない場合がありますが、そのような場合でも蛇口は開けたままにせず、必ず閉め、自然に溶けるのを待ってください。
     
  • 熱湯を急にかけると、水道管や蛇口が破裂することがありますのでご注意ください。

水道管が破裂してしまったら

宅地内の水道管から水が噴き出したときは

漏水があった場合の料金減額

長期不在にするときは

コールセンターへ使用休止(閉栓)のご連絡をお願いします。

 届出受付後、現地のメーターバルブを閉止封印し、水の供給を止めますので、万一水道管が凍結し破裂することがあっても、不在中水が漏水し続けることを防止できます。
 また、長期不在等で給湯器に電源供給されなくなる場合には、給湯器の水抜きを取扱説明書に従い行って下さい。

 

お問い合わせ

コールセンター フリーダイヤル 0120-328-117
(夜間 TEL 076-220-2281)

TOPへ ▲