契約書提出にあたっての留意点(役務)

契約書の提出期限

落札の決定を通知した日から7日以内(土日祝祭日、市の休日を含む)

  • 月曜日落札決定→同じ週の金曜日まで
  • 火曜日落札決定→翌週の月曜日まで

契約時の提出書類

次の1~3の書類が必ず必要です。

1.契約書 2通

  • a、bを表紙から順番に綴じたものを袋とじしてください。(綴じ目に代表者印で割印も可。)
  • 2通のうち1通には契約金額(税抜き金額)に応じた印紙の貼付が必要です。

a.契約書(表紙)

b.約款

  • 両面印刷のこと

 

2.技術者等選任届 1通

  • 技術者、有資格者について健康保険証等の3ヶ月以上の継続雇用がわかるものの写しを添付してください。

現場代理人、技術者についての継続雇用の確認

建物維持管理業務における有資格者についての継続雇用の確認

  • 監理技術者を置く場合は、監理技術者証及び監理技術者講習修了証の写しを添付してください。

3. 契約保証金

  • 金額は、契約金額(税込)の10%以上の額です。
  • 次のa~gのいずれか一つを選択してください。
    ただし、指名競争入札又は随意契約で契約金額(税込)が300万円未満の場合は、契約保証金について別段の定めがあるので、企業総務課 契約担当にご相談ください。

a.現金

  • 事前に企業総務課契約係へご連絡のうえ、午後2時までに企業総務課にお越しください。
  • 完成検査後、納入通知書兼領収書(原本)と請求書を監督員にお渡しください。後日、指定された口座に還付します。

b.銀行振出の小切手

  • 事前に企業総務課契約係へご連絡のうえ、午後2時までに企業総務課にお越しください。
  • 完成検査後、納入通知書兼領収書(原本)と請求書を監督員にお渡しください。後日、指定された口座に還付します。

c.金融機関の保証書

  • 金融機関の保証書で保証金(担保)を納付する場合は、納付書及び保管証書を併せて提出してください。契約時に保管証書をお渡しします。 ※期間延長に伴う保証延長の際も、納付書及び保管証書を提出してください。
  • 完成検査後、保管証書(使用印鑑の押印必要)を契約係へお持ちください。保証金(担保)を返還します。

d.国債等の債権(額面の80%の金額≧契約金額の10%)

  • 国債等の債権で保証金(担保)を納付する場合は、納付書及び保管証書を併せて提出してください。契約時に保管証書をお渡しします。
  • 完成検査後、保管証書(使用印鑑の押印必要)を契約係へお持ちください。保証金(担保)を返還します。

e.東日本建設業保証㈱の保証書

  • 前払金請求予定のものに限ります。 

f.履行保証保険の保険証書

  • 事前に損害保険会社で手続きが必要です。(保険の約款を添付してください。)

g.工事履行保証(履行ボンド)の証書

  • 事前に損害保険会社で手続きが必要です。(保険の約款を添付してください。)

前払金の請求について

  • 支払い条件に前払金があるものでも、契約締結の日から15日以後には請求できませんので、ご注意ください。

提出場所及び問い合わせ

企業総務課 契約担当

金沢市広岡3-3-30(企業局庁舎3階)

TEL 076-220-2614

 

TOPへ ▲