業務用厨房

kichen01

大阪ガスカタログより

ガスならではのメリット

強火からとろ火まで自由自在

火加減自在なガス火なら、パワフルな炎と立ち上がりの早さで、美味しさを引き出すタイミングを逃しません。

ガスが食材のうまみを最大限に引き出すことができる理由は、炎が持つ多彩な「火」にあります。
強火のよさ、とろ火のよさ、煮汁を対流させる加熱方法などの相乗効果で、ガスならではの美味しさが生まれます。

kitchen02

大阪ガスデジタルカタログより

美味しさの秘密は、ムラのない加熱

熱源の違いは「おいしさ」の差。
均一なガス火から「おいしさ」が生まれます。

ガスの方が美味しいのはなぜか、感覚的なものを具体的に理解していただくために「煮る」「炒める」「焼く」などの調理法ごとに実験。「煮る」調理では、大きくて早い対流で、煮えムラが生じません。また、「焼く」調理では、熱分布が均一なため、仕上がりにムラが生じないことがわかります。

kitchen03

大阪ガスデジタルカタログより

美味しさのポイントは「鍋肌加熱」

ガス火なら土鍋全体を包み込む加熱により食材本来のうま味を引き出し、おいしく鍋料理を“締める”ことができます。

img_contents05うまみ強度が「ガス:IH=100:72」となった。値の差が21%以上あれば、人間はうまみの違いを感じられます。

※うまみ強度とは、鍋料理の美味しさに貢献するグルタミン酸ナトリウムやイノシン酸ナトリウムによる総合的なうまみの強さを示す指標。

 

kitchen04

大阪ガスデジタルカタログより

kitchen05

大阪ガスデジタルカタログより

涼しい厨房「涼厨®」

「ガス機器は熱い」「ガス厨房は暑い」・・・そんな先入観をお持ちの方も多いかもしれません。
でも、それは大間違い。
厨房機器が発する熱そのものを削減して、働く人たちにとって快適な厨房を実現する、そんな新しい厨房が登場しています。
それが「涼厨®」(低輻射型ガス厨房機器)です。
「涼厨®」の詳しい情報はメーカーサイトでご確認ください

大阪ガス

TOPへ ▲