ガス空調

今、環境問題や電力平準化の課題に大きく貢献できる空調機器として都市ガスを燃料とした冷暖房に注目が集まっています。
工場や施設、店舗などで使う消費電力の多くが空調に使われています。
都市ガスで空調することにより、夏場の電力ピークカットに貢献できるだけでなく、消費電力を減らせるため、契約電力の低減や受電設備の軽減が図れます。

air01

ガス空調の種類

GHP(ガスヒートポンプ)エアコン

1台の室外機で複数の室内機をコントロールし個別空調が可能なエアコンです。
このためオフィスや工場の広さや用途に合わせた効率的なシステムを組むことができます。

冷房の場合

air02

ナチュラルチラー(ガス吸収冷温水機)

工場や公共施設、百貨店など、空調する空間が広く、かつ空調時間がほぼ決まっている建物にもっともメリットを発揮する冷暖房装置です。
2次側(屋内吹出し)機器の種類により、個別空調にも柔軟に対応可能で、冷媒に水を使用していることから環境性の高い空調システムです。
air03

 

TOPへ ▲