「ガスと暮らしの安心」運動のお知らせ

1.目的 

 お客さまに安心かつ快適にガスをお使いいただけるようガス設備やガス機器の使用及び維持管理の方法を適切にお伝えすることを通じて、ガスに係る安全を共に考えていく諸活動を展開し、ガス事故のない社会の実現を目指す。

2.運動期間

平成30年9月1日(土)~11月30日(金)

3.周知項目

(1)ガス機器の使用中は必ず換気(給気と排気)
 ガスが燃えるには、新鮮な空気が必要です。換気が不十分だと、有害な一酸化炭素が発生して中毒になるおそれがあります。屋内でガス機器を使うときには、換気扇を回す、窓を開けるなどして、必ず換気をしましょう。

※浴室内に設置した煙突式風呂がまの使用中は、室内の換気扇を使用しないでください。

(2)24時間安心を見守る、警報器の設置・交換
 万が一、ガスもれや、有害な一酸化炭素が発生したら、ランプと警報音で教えてくれます。火災を教えてくれるものもあります。交換期限は5年なので、期限がすぎる前に交換しましょう。

※警報器によって検知機能の種類・数が異なります。また、ご使用いただいているガスの種類により設置場所が異なります。

(3)古くなったガス機器は、安全型に交換
 ガス機器は古くなると、部品が劣化して火災や事故をおこすおそれがあります。安全装置のついたガス機器へ早めにとりかえましょう。

(4) ガス機器とガス栓は正しく接続
 ガス機器とガス栓は、種類によって接続具がちがいます。正しく接続しないとガスもれの原因になります。取扱説明書をよく読んで、接続する口の形や大きさに合わせた正しい接続をしてください。

 なお、本件に関連し、都市ガスの安全使用についてのご質問、ご相談等がございましたら下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

建設部 維持管理課 ガス保安対策室
電話 076-220-2672

「ガスと暮らしの安心」運動クイズ&アンケートキャンペーンサイトはこちら

TOPへ ▲