上水道整備計画

上水道未普及地域解消事業

本市においては、市民皆水道を基本理念として「金沢市山間地上水道未普及地域解消事業基本計画」を平成6年3月に策定し、上水道が普及していない市内山間集落を地域特性や上水道施設効率からブロック化し、「いつでもどこでも安全でおいしい水」を供給するため、上水道普及を進めています。

事業評価

地区名 森本北部
事業名 水道未普及地域解消事業
工期 平成27年度~平成31年度
総事業費 1,472,000千円
便益(B) 3,642,679千円
便益の主な根拠
  • 井戸整備費の低減
  • 井戸維持管理費の低減
  • 水質検査費の低減
費用(C) 1,784,196千円
B/C 2.04
その他の指標による評価 上水道の整備により安全で安心な生活用水がいつでも確保される。

学識経験者、経済団体の代表者及び住民団体の代表者3名による「金沢市水道施設整備国庫補助事業評価委員会」を開催し、「事業実施については妥当」との答申(平成27年3月)がありました。

TOPへ ▲