金沢市企業局経営計画2011(当初計画・平成23年3月策定)

計画策定の背景・趣旨

金沢市企業局では、平成13年度の公共下水道事業統合を機に、「快適な水環境の創造とエネルギーサービスを通して、豊かな市民生活に貢献します」を経営理念として掲げ、その具現化に向けて、平成17年度に、「金沢市企業局中長期基本計画」(以下、「中長期基本計画」という。)を策定しました。
この中長期基本計画では、ガス事業、水道事業及び公共下水道事業を対象とし、平成18年度から平成27年度までの10年間(ガス事業については平成22年度までの5年間)における事業運営の方向性を示す基本戦略に併せ、それらを柱とする経営目標と重要施策を設定していました。
そして、計画の内容に基づき着実な事業運営に努め、コールセンターや休日お客さま窓口の開設等によるサービス水準の向上のほか、ライフラインの強化や危機管理体制の見直し等による安全・安心の追求などを実践してきたところであります。
しかしながら、平成22年度をもって、中長期基本計画のうちガス事業に関する計画が終了し、また、計画期間が10年間となっていた水道事業及び公共下水道事業も経営環境が大きく変化し、対応する必要があることから、計画を全般的に見直すこととし、新たな中期計画「金沢市企業局経営計画2011」を策定することとしました。

計画見直しのポイント

従来の中長期基本計画を重点化

ライフラインの安全・安心や環境問題への取り組みを強化しています。

事業計画と財政計画を統合

計画の体系を見直し、これまで個別に策定していた事業計画と財政計画を統合し、経営全般における経営計画として再構築しています。

計画の範囲

金沢市企業局が経営する5つの事業のうち、市民生活と密接なつながりを有するガス事業及び水道事業、公共下水道事業(雨水関連を除く)としています。

計画の期間

計画の期間は、平成23年度から平成27年度までの5年間としています。

経営ビジョン

経営理念の具現化に向けた経営の方向性を示すものとして、次の経営ビジョンを設定しました。

経営理念

快適な水環境の創造とエネルギーサービスを通して、豊かな市民生活に貢献します。

経営ビジョン

快適な暮らしへの貢献

サービスの質を高め、快適なくらしを提供します。

安全なまちづくりへの貢献

安心して暮らせる安全なまちづくりをめざし、ライフラインの強化を推進します。

地球環境への貢献

低炭素社会の実現などへの取り組みを通じて、地球環境にやさしい環境づくりに努めます。

経営基盤の強化

様々な経営環境の変化に対応できるよう、経営基盤の充実を図ります。

金沢市企業局経営計画2011のダウンロード

金沢市企業局経営計画2011(PDF)

TOPへ ▲